韓国国立中央図書館(NLK)、公共図書館660館の3年間の貸出しデータを用いて行った保護者に人気のある教育関連の書籍の分析結果を発表

2018年3月2日、韓国国立中央図書館(NLK)が、韓国の新学期が3月から始まるのにあわせ、保護者に人気のある教育関連の書籍の分析結果を発表しています。

公共図書館用のビックデータ分析プラットフォーム“도서관 정보나루”(図書館情報の渡し場)を用いて、2015年1月から2017年12月にかけての、全国の660の公共図書館の貸出しデータ1億9,300万件を用いて分析したものです。

NLKからの発表では、貸出数上位10冊のほか、人気のある書籍を分析した結果として「子ども」「自信」「必要」「お母さん」「両親」「愛」「幸福」などが重要なキーワードであったことが紹介されています。一方で「お父さん」「夫婦」といったキーワードの登場頻度は少なかったとのことです。

また、保護者の教育関連の人気貸出し図書上位30位中における、30代・40代の女性への貸出しの割合が66.7%を占めたこと、時期的には各学期が始まる3月と8月に若干貸出しが増加するが全体的には平均的に貸出しされていること、教育関連の書籍が他分野に比べて特に人気があるわけではないこと、等が紹介されています。

새 학기, 내 아이 친구의 엄마는 무슨 책을 읽을까?(NLK,2018/3/2)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=9483&site_code=nl&notice_type_code=3&currentPage=0&srch=&searchWord=&cate_no=0

参考:
韓国国立中央図書館(NLK)・韓国科学技術情報院(KISTI)、公共図書館660館の2017年の貸出しデータの分析結果を公表
Posted 2018年2月8日
http://current.ndl.go.jp/node/35462

韓国・文化体育観光部、ビックデータを用いた図書館経営支援システムの提供を開始
Posted 2016年1月29日
http://current.ndl.go.jp/node/30576