米・Schools, Health & Libraries Broadband Coalition、地方の拠点機関への光ファイバー敷設のためのコストの試算及びブロードバンド利用の地域間格差解消のための戦略を発表

2018年2月15日、学校・図書館・病院・コミュニティカレッジといった地方の拠点機関へのブロードバンド接続を促進するために結成された、米国のSchools, Health & Libraries Broadband (SHLB) Coalitionが、拠点機関への光ファイバーの敷設のためのコストの試算及びブロードバンド利用の地域間格差を解消するための戦略“To and Through Anchors: A Strategy to Connect Rural Communities”を発表しています。

アラスカ州を除く全米の拠点機関に光ファイバーを敷設するためのコストは130億から190億と試算されており、戦略では、拠点機関へ大容量ブロードバンドを敷設してそれを拡張することで地域間格差を解消することを提案しています。

PRESS RELEASE: SHLB Releases New Fiber Cost Estimate and a Strategy to Connect Rural Communities (SHLB,2018/2/15)
http://www.shlb.org/news/shlb/2018/02/PRESS-RELEASE-SHLB-Releases-New-Fiber-Cost-Estimate-and-a-Strategy-to-Connect-Rural-Communities/

A Model for Understanding the Cost to Connect Anchor Institutions with Fiber Optics [PDF:34ページ](SHLB)
http://shlb.org/uploads/Policy/Infrastructure/SHLB_ConnectingAnchors_CostEstimate.pdf

To and Through Anchors: A Strategy to Connect Rural Communities[PDF:2ページ](SHLB)
http://shlb.org/uploads/Policy/Infrastructure/SHLB_ToAndThrough_Overview.pdf

参考:
地方のデジタルデバイド解消を目的とした連合体“Connect Americans Now”(CAN)が発足(米国)
Posted 2018年1月10日
http://current.ndl.go.jp/node/35287

E1874 - デジタル包摂社会と公共図書館の課題(米国)<文献紹介>
カレントアウェアネス-E No.317 2016.12.22
http://current.ndl.go.jp/e1874