米・トランプ政権、2019年度の予算教書を提出:IMLS、NEA、NEHの段階的な廃止にむけた予算を計上

米・トランプ大統領が2018年2月12日に連邦議会に提出した2019年度の予算教書において、博物館・図書館サービス機構(IMLS)、国立芸術基金(NEA)、全米人文科学基金(NEH)の段階的な廃止にむけた予算が計上されていることを受け、各団体が声明を発表しています。

IMLS Director Dr. Kathryn K. Matthew's Statement on the President's Proposed FY 2019 Budget(IMLS,2018/2/12)
https://www.imls.gov/news-events/news-releases/imls-director-dr-kathryn-k-matthews-statement-presidents-proposed-fy-2019

Statement from National Endowment for the Arts Chairman Jane Chu(NEA,2018/2/12)
https://www.arts.gov/news/2018/statement-national-endowment-arts-chairman-jane-chu

NEH Statement on Proposed FY 2019 Budget (NEH,2018/2/12)
https://www.neh.gov/news/press-release/2018-02-12-0

関連:
Budget of the U.S. Government, Fiscal Year 2019(govinfo,2018/2/12)
https://www.govinfo.gov/features/budget-fy2019

参考:
米・連邦議会の下院、博物館・図書館サービス機構や図書館サービス及び技術法関連予算を含む予算案を可決
Posted 2017年9月22日
http://current.ndl.go.jp/node/34709

米・トランプ政権、2018年度の予算教書を提出:IMLS、NEA、NEH、CPBの廃止にむけた予算を計上
Posted 2017年5月24日
http://current.ndl.go.jp/node/34033