【イベント】関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)キックオフ・シンポジウム「デジタルアーカイブが開く東アジア文化研究の新しい地平」(2/17-18・吹田)

2018年2月17日と18日に、大阪府吹田市の関西大学において、関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)キックオフ・シンポジウム「デジタルアーカイブが開く東アジア文化研究の新しい地平」が開催されます。

2017年度文部科学省私立大学研究ブランディング事業に、同大学が申請した「オープン・プラットフォームが開く関大の東アジア文化研究」が採択されたことを記念して、国内外のデジタルアーカイブの研究者を招き、開催されるものです。

参加には事前の申し込みが必要です。

内容は以下の通りです。

【2月17日(土)】
・開会挨拶 芝井敬司氏(関西大学学長)
・趣旨説明 内田慶市氏(関西大学アジア・オープン・リサーチセンター長)
・Nathalie Monnet氏(フランス国立図書館(BnF))
・楊 暁捷氏(カナダ・カルガリー大学)
・Hilde De Weerdt氏(オランダ・ライデン大学) 
・下田正弘氏(東京大学)

【2月18日(日)】
・永崎研宣氏(人文情報学研究所)
・二階堂善弘氏(関西大学文学部)
・山本和明氏(国文学研究資料館)
・藤田髙夫氏(関西大学文学部)
・安岡孝一氏(京都大学人文研情報研究センター)
・武田英明氏(国立情報学研究所(NII))
・Tatiana Aleksandrovna氏(ロシア科学アカデミー東方文献研究所)

関西大学アジア・オープン・リサーチセンター キックオフ・シンポジウム 「デジタルアーカイブが開く東アジア文化研究の新しい地平」(Facebook)
https://www.facebook.com/events/187685075154682/

@kuorcas(Facebook)
https://www.facebook.com/kuorcas/

KU-ORCAS
http://www.kansai-u.ac.jp/ku-orcas/

参考:
E1967 - 関西大学アジア・オープン・リサーチセンターの目指すもの
カレントアウェアネス-E No.336 2017.11.02
http://current.ndl.go.jp/e1967