米・政府機関の閉鎖により、米国議会図書館(LC)、米国国立公文書館(NARA)等でサービスが停止中

米・連邦政府の暫定予算の期限切れにともなう1月20日からの政府機関の一時閉鎖に関して、米国議会図書館(LC)などから、サービスの一部停止等について、以下の通り発表が行なわれています。

・米国議会図書館(LC)
施設の閉鎖、イベントの中止、ウェブを通じたサービスへの不対応、ウェブサイトの不更新
(Copyright.govとCongress.govは利用可)

・米国国立医学図書館(NLM)
ウェブサイトの不更新、ウェブを通じたサービスへの不対応、問い合わせへの不回答

・米国国立農業図書館(NAL)
ウェブサイトの不更新

・米国国立公文書館(NARA)
施設の閉鎖、ウェブサイト・SNSの不更新、行事の中止
(連邦記録センター、連邦官報、ロナルドレーガン博物館、ジョージW.ブッシュ博物館は除く)

Federal Government Shutdown (LC,2018/1/20)
https://www.loc.gov/item/prn-18-a02

NLM
https://www.nlm.nih.gov/
※「Notice Because of a lapse in government funding, the information on this website may not be up to date, transactions submitted via the website may not be processed, and the agency may not be able to respond to inquiries until appropriations are enacted.」とあります。

NAL
https://www.nal.usda.gov/
※「This USDA website will not be updated during a lapse in federal funding. Content on this website will not be current or maintained until funding issues have been resolved.」とあります。

NARA Contingency Plan for Agency Operations During Funding Lapse
Status of the National Archives in the Event of a U.S. Government Shutdown(NARA,2018/1/19)
https://www.archives.gov/contingency-plan

参考:
E1500 - 米国政府機関の閉鎖による図書館界等への影響
カレントアウェアネス-E No.248 2013.11.07
http://current.ndl.go.jp/e1500