米国議会図書館(LC)、Twitterの公開ツイートの収集方針を選択収集に変更

2017年12月26日、米国議会図書館(LC)が、2018年1月1日からTwitterの公開ツイートの収集方針を変更し、同館が実施しているウェブサイトのアーカイブと同様、選択収集に変更すると発表しました。

LCでは、2010年にTwitter社から2006年から2010年にかけての全公開ツイートのアーカイブの寄贈を受け、全公開ツイートの収集の継続を発表していました。

今回の変更は、LCが日常的に実施している、環境の変化・コレクションやテーマの多様性・費用対効果・利用状況等に基づく収集方針の再検討の結果に基づくものです。

LCでは、これまで収集したツイート本文は恒久的に保存する、保存されているツイート本文はアクセスに関する課題が費用対効果に優れ持続可能な方法で解決できるまで閲覧制限とする、今後ともツイートの選択的収集のためTwitter社と連携する、としています。

Update on the Twitter Archive at the Library of Congress(LC,2017/12/26)
https://blogs.loc.gov/loc/2017/12/update-on-the-twitter-archive-at-the-library-of-congress-2/

参考:
米国議会図書館(LC)のTwitterアーカイブの実現に向けた課題(文献紹介)
Posted 2015年7月16日
http://current.ndl.go.jp/node/28937

E1385 - 米国議会図書館のTwitterアーカイブ,その可能性と課題
カレントアウェアネス-E No.230 2013.01.24
http://current.ndl.go.jp/e1385

E1042 - 米国議会図書館,Twitterの全公開ツイートを保存へ
カレントアウェアネス-E No.170 2010.04.28
http://current.ndl.go.jp/e1042

E1815 - ソーシャルメディア・データの保存
カレントアウェアネス-E No.306 2016.06.30
http://current.ndl.go.jp/e1815