北米研究図書館協会、図書館員による“Open Science Framework”を用いたデジタル研究支援のためのツールキットを公開

2017年10月3日、北米研究図書館協会(ARL)が、図書館員による、非営利団体Center for Open Science(COS)が開発した研究プロジェクト管理システム“Open Science Framework”(OSF)を用いてのデジタル研究の実施と管理へのsさらなる関与を支援するためのツールキットを公開しました。

米国議会図書館(LC)のデジタル保存専門家を育成するプロジェクト“National Digital Stewardship Residency”(NDSR)としてARLが受け入れたMegan Potterbusch氏が、米・ジョージワシントン大学で実施した作業の成果であり、教員・図書館員への説明資料、研究者との共同作業のためのリソース、プロジェクトの構造や作業空間の事例を含むものとなっています。

ARL National Digital Stewardship Residency Concludes with Release of OSF Toolkit(ARL,2017/10/3)
http://www.arl.org/news/arl-news/4385-arl-national-digital-stewardship-residency-concludes-with-release-of-osf-toolkit#.

OSF Toolkit for Digital Scholarship Support
https://osf.io/ubzve/

関連:
Megan Potterbusch Selected as Association of Research Libraries National Digital Stewardship Resident for 2016ー2017(ARL,2016/9/21)
http://www.arl.org/news/arl-news/4112-megan-potterbusch-selected-as-association-of-research-libraries-national-digital-stewardship-resident-for-2016-2017#.

In Service of Digital Stewardship: Collaborating with Researchers and Building Trust(SHARE,2017/8/29)
http://www.share-research.org/2017/08/in-service-of-digital-stewardship-collaborating-with-researchers-and-building-trust/

参考:
北米研究図書館協会が報告書シリーズ“SPEC Kit”第350号を刊行 -「デジタル研究の支援」がテーマ
Posted 2016年5月26日
http://current.ndl.go.jp/node/31672

CA1854 - 国立図書館によるデジタル化資料の専門家育成:LCとBLの事例から / 東川 梓
カレントアウェアネス No.325 2015年9月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1854