北米研究図書館協会(ARL)とWikimediaコミュニティー、Wikimedia財団による協働プロジェクト

2017年10月4日、北米研究図書館協会(ARL)とWikimedia財団は、ARLとWikimediaコミュニティー、Wikimedia財団との協働プロジェクトに関する記事をウェブサイトに掲載しました。

同プロジェクトは、2016年8月にARL、WikimediaコミュニティーとWikimedia財団で開催したARL/Wikipedia Summitでの議論が元になっています。枠組みとなる2つのテーマは以下の通りです。
 
  • Linked Open Data(LOD)は、それまで接続していなかった異なる情報源をつなぎ、図書館とWikipediaのコンテンツの相互を豊かにする可能性があること。
  • 図書館とWikipediaの文化とコンテンツにおいて、多様性や包含性を増す包括的な取組みになること。

同プロジェクトでは、米国およびカナダの先住民族のコミュニティーに関する資料を対象としています。LODの作成においてコミュニティーと協働する仕組みを形作るために、事例研究のアプローチをとるとのことです。

Research Libraries and Wikimedia: A Shared Commitment to Diversity, Open Knowledge, and Community Participation(ARL,2017/10/4)
http://www.arl.org/news/arl-news/4394-research-libraries-and-wikimedia-a-shared-commitment-to-diversity-open-knowledge-and-community-participation#.WddAhlKU8dN

Research libraries and Wikimedia: A shared commitment to diversity, open knowledge, and community participation(Wikimedia Foundation,2017/10/4)
https://blog.wikimedia.org/2017/10/04/libraries-wikipedia-york-university-project/

参考:
ARL/Wikipedia Summit:研究図書館とウィキペディアの連携促進を目指して
Posted 2016年8月25日
http://current.ndl.go.jp/node/32399

E1528 - 図書館とウィキペディアのこれからの関係は?
カレントアウェアネス-E No.253 2014.02.06
http://current.ndl.go.jp/e1528

E1922 - 図書館とWikipediaの連携がもたらす社会への効果
カレントアウェアネス-E No.326 2017.06.08
http://current.ndl.go.jp/e1922