【イベント】国際ワークショップ「データ・ライブラリアン:アメリカ大学図書館におけるライブラリアンの役割変化について」(9/7・東京)

2017年9月7日、東京大学本郷キャンパスにおいて、「データ・ライブラリアン:アメリカ大学図書館におけるライブラリアンの役割変化について」をテーマとする国際ワークショップが開催されます。

米・ミシガン大学のライブラリアンJungwon Yang氏が、米国の大学図書館におけるデータ・ライブラリアンの役割について報告します。報告では、データ・サービスを提供するライブラリアンの3つの類型を紹介し、ライブラリアンの業務と研究者の研究との関連性、大学図書館の研究者支援における課題や可能性について議論するとのことです。

主催は、東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センターです。報告等は英語で行われますが、報告と質疑応答には日本語の通訳が付きます。事前の申込が必要です。

公開セミナー/ワークショップ(社会調査・データアーカイブ研究センター)
http://csrda.iss.u-tokyo.ac.jp/international/public-lectures/

参考:
データ・ライブラリアンのためのハンドブック(文献紹介)
Posted 2017年1月17日
http://current.ndl.go.jp/node/33274

E1566 - 研究データ同盟第3回総会<報告>
カレントアウェアネス-E No.259 2014.05.22
http://current.ndl.go.jp/e1566