甘木歴史資料館(福岡県)、九州北部地方の豪雨で被害を受けた文化財のレスキュー活動を開始

福岡県朝倉市にある甘木歴史資料館が、7月5日からの九州北部地方の大雨で被害を受けた文化財のレスキュー活動を開始しています。

水没したり泥をかぶったりした古文書・写真等の処分をする前に、同館に相談するよう呼びかけています。

同館では、豪雨による被害を受けた文化財を一時的に預かるとのことです。

甘木歴史資料館 お知らせ
http://www.city.asakura.lg.jp/ama-reki/
※2017年7月13日更新として「文化財レスキュー」とあります。

参考:
CA1891 - 水損資料を救うために / 正保五月
カレントアウェアネス No.331 2017年3月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1891

富士フィルム株式会社、写真やフィルムが水をかぶった場合の対処法について紹介
Posted 2017年7月12日
http://current.ndl.go.jp/node/34357

西日本自然史系博物館ネットワーク、西日本豪雨被害による自然史関連資料の被害情報及び相談を受け付け
Posted 2017年7月10日
http://current.ndl.go.jp/node/34337

文化財防災ネットワーク、西日本豪雨での文化財被災情報の提供を呼びかけ
Posted 2017年7月10日
http://current.ndl.go.jp/node/34333