米HighWire Pressが査読の透明性向上へ向け、Peer Review Evaluationとパートナーシップを締結

2017年6月12日、米HighWire Pressは米国科学技術振興協会(AAAS)が運営する査読の透明性向上サービス、Peer Review Evaluation(PRE)とパートナーシップを締結したことを発表しました。

PREは投稿・査読システムから査読に関わるメタデータを収集し、APIにより当該文献の査読プロセスの詳細を確認できるようにするサービスです。HighWireに含まれる雑誌のうち、最初にPREの導入を決定した5誌については、サービス開発コストをPREが負担するとされています。

Peer Review Evaluation (PRE) and HighWire Press partner to increase transparency for peer review(HighWire Press、2017/6/12付け。PDF)
http://home.highwire.org/sites/default/files/HighWIre%20-%20PRE%20Partnership%20Release%2012JUNE17%20final.pdf

参考:
CA1829 - 査読をめぐる新たな問題 / 佐藤 翔 カレントアウェアネス No.321 2014年9月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1829

Clarivate Analyticsが査読登録サービスPublonsを買収
Posted 2017年6月6日
http://current.ndl.go.jp/node/34113