米国の大学・研究図書館協会、高等教育のための情報リテラシーの「枠組み」への理解と活用促進のためのツールキットを公開

2017年6月16日、米国の大学・研究図書館協会(ACRL)が、“ACRL Framework for Information Literacy Toolkit”を公開したと発表しています。

ACRLの「高等教育のための情報リテラシーの「枠組み」」への理解と活用促進のための専門性開発を目的とした情報源として位置付けられています。

“Finding Time to Engage the Framework”,“The Framework's Structure”,“Foundations of the Framework”, “Strategies for Using the Framework”の4つのモジュールが用意されており、5つ目として“Collaboration and Conversations with the Framework”を開発中です。

各モジュールには、本質的課題、学習成果、アクティブラーニングのための資源、ディスカッションプロンプト、主な参照文献が掲載されています。

ACRL Framework for Information Literacy Toolkit Launches(ACRL Insider,2017/6/16)
http://www.acrl.ala.org/acrlinsider/archives/14048

ACRL Framework for Information Literacy Toolkit(ACRL)
http://acrl.libguides.com/c.php?g=651675&p=4571135

参考:
米国の大学・研究図書館協会、情報リテラシーの「枠組み」のためのサンドボックスを公開
Posted 2016年12月12日
http://current.ndl.go.jp/node/33086

CA1870 - 動向レビュー:ACRL高等教育のための情報リテラシーの「枠組み」 ―白熱する議論に向けて― / 小田光宏
カレントアウェアネス No.327 2016年3月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1870