米アリゾナ州立大学が「ハイブリッド」なオープンアクセス方針を制定

2017年5月19日、米国のアリゾナ州立大学が、オープンアクセス(OA)方針を採択したことを発表しました。

同大学のOA方針は大学評議会のOA方針タスクフォースが策定し、大学評議会と学長の承認を経て制定されたものです。アリゾナ州立大学図書館の学術コミュニケーション担当図書館員Anali Perry氏によれば、同方針は他に類を見ない、「ハイブリッド方針」であるとされています。具体的には、同方針では所属する研究者らが、OA方針を有する助成機関から助成を受けて行った研究の成果についてはその助成機関のOA方針に従うこととし、助成機関等のOA方針がない場合にはアリゾナ州立大学の方針を選択することができる、とされています。

ASU approves Open Access Policy(Arizona State University、2017/5/19付け)
https://asunow.asu.edu/20170519-asu-approves-open-access-policy

米アリゾナ州立大学、OA方針を採択(STI Updates、2017/5/25付け)
http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9729

参考:
E1914 - 東京外国語大学オープンアクセス宣言・方針の策定経緯 カレントアウェアネス-E No.325 2017.05.25
http://current.ndl.go.jp/e1914

E1915 - JPCOAR「オープンアクセス方針策定ガイド」の公開 カレントアウェアネス-E No.325 2017.05.25
http://current.ndl.go.jp/e1915