英国図書館、ベッテルハイム著「英琉辞書」「琉球語と日本語文法の要綱」の手稿をデジタル化

英国図書館(BL)が、2017年5月8日付のアジア・アフリカ研究部のブログ“Asian and African studies blog”で、沖縄語・沖縄方言(Okinawan language)関連の手稿2点をデジタル化したと発表しています。

デジタル化された手稿は、宣教師バーナード・ジャン・ベッテルハイム(Bernard Jean Bettelheim)によって書かれ、1867年5月2日に大英博物館に寄贈された、「英琉辞書」(English-Loochooan dictionary)、「琉球語と日本語文法の要綱」(Elements or contributions towards a Loochooan & Japanese grammar)の2点です。

BLでは、ベッテルハイムによって沖縄語・沖縄方言に翻訳・刊行された『約翰傳福音書』(Gospels of St John)、『路加傳福音書』(Gospels of St Luke)、『聖差言行録』(Acts of the Apostles)、『保羅寄羅馬人書』(St Paul's Letter to the Romans)も所蔵していると紹介されています。

Okinawan manuscripts digitised(BL,2017/5/8)
http://blogs.bl.uk/asian-and-african/2017/05/okinawan-manuscripts-digitised.html

English-Loochooan dictionary(BL)
http://www.bl.uk/manuscripts/FullDisplay.aspx?ref=Or_40

Elements or contributions towards a Loochooan & Japanese grammar(BL)
http://www.bl.uk/manuscripts/FullDisplay.aspx?ref=Or_41

参考:
琉球大学附属図書館、ハワイ大学マノア校図書館所蔵の阪巻・宝玲文庫デジタル公開
Posted 2014年9月2日
http://current.ndl.go.jp/node/26924