英国図書館、国内の10機関と連携し、記録媒体の劣化・旧式化により再生できない恐れがある音声記録50万点の保存を目的とした事業を開始

2017年4月12日、英国図書館(BL)が、宝くじ基金(National Lottery grant)等の助成を得て、記録媒体の物理的劣化や旧式化により再生できない恐れがある音声記録50万点の保存を目的とした、国内の10の機関との連携事業“Unlocking Our Sound Heritage”の開始を発表しています。

参加機関は、北アイルランド国立美術館、アーカイブズ+及びマンチェスター市議会、ノーフォーク・レコードオフィス、スコットランド国立図書館、レスター大学、サセックス大学のKeep、タインアンドウィア文書館・博物館、ウェールズ国立図書館、ロンドン市公文書館、Bristol Cultureの10機関です。

BLの“Save Our Sounds”事業の一環であり、2019年には、音源を検索し聴くことができるウェブサイトを公開する計画となっています。

Unlocking our Sound Heritage (BL,2017/4/12)
https://www.bl.uk/press-releases/2017/april/major-funding-boost-for-unlocking-our-sound-heritage

参考:
英国図書館(BL)、貴重な音源のデジタル化計画を発表
Posted 2015年5月21日
http://current.ndl.go.jp/node/28525

E1753 - 英国全域の録音資料を明らかにする試み‐BLが調査報告
カレントアウェアネス-E No.295 2015.12.24
http://current.ndl.go.jp/e1753

英国図書館(BL)において“ Europeana Sounds”のエディタソン開催 野生生物の音源のコレクションをWikipediaで公開へ(11/7)
Posted 2015年11月2日
http://current.ndl.go.jp/node/29845

E1674 - 古音源の保存と活用に関する国際シンポジウム<報告>
カレントアウェアネス-E No.281 2015.05.21
http://current.ndl.go.jp/e1674