総務省、「平成28年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」を公表

2017年3月31日、総務省は「平成28年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」を公表しました。

この調査は2012年度から全国の高等学校1年生相当を対象に、青少年のインターネットリテラシーを可視化するものとして、実施されてきたもので、2016年度は、対象校・人数を大幅に増やすなどして実施されたものです。

調査結果のポイントとして以下の点が指摘されています。

・本年度の全問正答率は67.2%。前年度と同一の問題・参加校で比較すると、本年度正答率は68.9%と昨年度正答率(71.0%)をやや下回った。

・スマートフォンの1日の平均利用時間は、平日・休日とも2~3時間が最も多い。また平日は68.4%、休日は85.2%の青少年が1日に2時間以上利用する等、他の通信機器と比べて利用時間が長い。

・約半数の青少年は一度も会ったことのないSNS上だけの友人がおり、11人以上いると答えた青少年は22.0%に及ぶ。また、SNS上だけの友人の平均数は男子よりも女子の方が多い。

・フィルタリングサービスについては、70.8%の青少年が有用であると考え、また76.6%が必要性を認識しているが、利用率は48.3%となっている。

・利用時間のうちSNSが占める割合が6割程度を占めるが、その次に多いのが利用時間1時間未満の青少年では情報収集、1~3時間程度の利用者では動画視聴、4時間以上の青少年ではオンラインゲームとなっている。なお、今回の調査で新設した「学習」の目的での利用はほとんどなかった。

・フィルタリングの意義について理解している青少年や、フィルタリングを利用している青少年のリテラシーが高いため、フィルタリングの必要性、意義等を青少年自らが考える機会を設けることが重要。

・スマートフォンやSNS利用に関する家庭のルールがある青少年のリテラシーが比較的高いため、正しいリスク認識や家庭での話し合い・ルールづくりの促進、フィルタリングの意義等に対する保護者の意識の向上等が重要。
「平成28年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」の公表(総務省,2017/3/31)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_03000241.html

平成28年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等(総務省)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000476389.pdf

参考:
総務省、「平成27年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」を公表
Posted 2015年11月18日
http://current.ndl.go.jp/node/29998

総務省、「青少年がインターネットを安全に安心して活用するためのリテラシー指標」を公表
Posted 2012年9月10日
http://current.ndl.go.jp/node/21792