デジタルリポジトリ連合(DRF)、2016年度末で解散

2017年3月8日、デジタルリポジトリ連合(DRF)が、平成28年度末で解散することを発表しています。

DRFは平成18(2006)年度に発足し、現在157機関が参加しています。これまで、機関リポジトリの構築と運営に係る人材育成、技術開発、情報共有を通じて、国内における機関リポジトリの発展とオープンアクセス思潮の興隆につとめてきました。

2016年11月24日付けで、オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)からDRFの主な活動を継承する旨の回答を得て、12月8日付けでDRF参加機関に解散についての賛否を問い、その結果、参加機関の3分の2以上である120機関から解散について同意を得たとのことです。

平成28年度末でのデジタルリポジトリ連合(DRF)解散について(DRF、2017/3/2)
http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?plugin=attach&refer=Digital%20Repository%20Federation&openfile=DRF-Dissolution.pdf

参考:
Digital Repository Federation Wiki開設(日本)
Posted 2006年11月29日
http://current.ndl.go.jp/node/4990

E1830 - オープンアクセスリポジトリ推進協会の発足
カレントアウェアネス-E No.309 2016.08.18
http://current.ndl.go.jp/e1830