優れた准専門職図書館員を称える、2017年の“Paralibrarian of the Year”が発表される

米・Library Journal(LJ)誌(オンライン)が、優れた准専門職図書館員(=図書館情報学修士号(MLIS)を持たない)を表彰する“Paralibrarian of the Year”賞の2017年の受賞者を発表しています。選ばれたのは、バージニア州ラウドン郡公共図書館スターリング分館のPatricia Pacheco氏です。

ドミニカ共和国で20年近く幼稚園教諭を務めていたPacheco氏は、米国に移住して2年後に、同館の最初のバイリンガルの職員(library assistant)として採用されました。

分館が位置する地域は、教育水準の低さ、貧困、英語を第二言語とする移民への対応が課題となっており、Pacheco氏は、ヒスパニック系の子どもを対象としたイベントの開催(イベントを通じて、就職支援等を行なっている図書館の存在を保護者に知ってもらう)、地元のNPOと連携したリテラシーワークショップのスペイン語での実施、ヒスパニック系の商工会議所等と連携した起業・雇用・求職を結びつける事業の推進、自身の経験・知識を伝える館内外での活動等が評価されています。

Paralibrarian of the Year 2016: Patricia Pacheco(LJ,207/2/27)
http://lj.libraryjournal.com/2017/02/people/paralibrarian-of-the-year-2016-patricia-pacheco/
※タイトルは原文ママです。

参考:
優れた准専門職図書館員を称える、2016年の“Paralibrarian of the Year”が発表される
Posted 2016年3月9日
http://current.ndl.go.jp/node/30966

優れた准専門職図書館員を称える、2014年の“Paralibrarian of the Year”が発表される
Posted 2014年3月7日
http://current.ndl.go.jp/node/25655

優れた准専門職図書館員を称える、2012年の“Paralibrarian of the Year”が発表される 
Posted 2012年3月5日
http://current.ndl.go.jp/node/20313

2009年のParaprofessional(非専門職図書館員) of the Year(米国)
Posted 2009年3月4日
http://current.ndl.go.jp/node/12095

2008年のParaprofessional(非専門職図書館員) of the Year、選ばれる(米国)
Posted 2008年3月10日
http://current.ndl.go.jp/node/7403

E901 - 「准専門職」図書館職員を称える賞の受賞者,発表!(米国)
カレントアウェアネス-E No.146 2009.03.25
http://current.ndl.go.jp/e901