国立国会図書館(NDL)、国際図書館連盟(IFLA)が策定した、貴重書及び手稿コレクションのデジタル化計画に関するガイドラインの日本語訳を掲載

2017年2月13日、国立国会図書館(NDL)は、国際図書館連盟(IFLA)の貴重書・特別コレクション分科会(Rare Book and Special Collections Section)が2014年9月に策定したガイドライン“Guidelines for Planning the Digitization of Rare Book and Manuscript Collections”の日本語訳『貴重書及び手稿コレクションのデジタル化計画のガイドライン』を掲載しました。

資料の保存(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/preservation/index.html

マニュアル・パンフレット・翻訳資料(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/preservation/manual_index.html

貴重書及び手稿コレクションのデジタル化計画のガイドライン(PDF: 445KB)
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/preservation/pdf/ifla_guideline_jp_2017.pdf

Rare Books and Special Collections Section(IFLA)
http://www.ifla.org/rare-books-and-special-collections

Guidelines for Planning the Digitization of Rare Book and Manuscript Collections(IFLA)
http://www.ifla.org/publications/node/8968?og=59

Guidelines for Planning the Digitization of Rare Book and Manuscript Collections(PDF: 19ページ)
http://www.ifla.org/files/assets/rare-books-and-manuscripts/rbms-guidelines/guidelines-for-planning-digitization.pdf

参考:
E1614 - 貴重書デジタル化プロジェクトの計画立案時に考慮すべき事項
カレントアウェアネス-E No.268 2014.10.09
http://current.ndl.go.jp/e1614

IFLA、貴重書と写本のデジタル化計画に関するガイドラインを公開
Posted 2014年9月22日
http://current.ndl.go.jp/node/27054