カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

米国図書館協会とGoogle社、“Libraries Ready to Code”プロジェクトの第2フェーズのパイロットプログラムへの図書館情報学分野の教員の参加を呼びかけ

2017年1月10日、米国図書館協会(ALA)とGoogle社は、21世紀の新しいスキルとして求められるプログラミング能力開発のための活動の充実化を目的に行なっている“Libraries Ready to Code”プロジェクトの第2フェーズのパイロットプログラムへの図書館情報学分野の教員の参加を求めています。

1月6日に公開された第1フェーズの調査結果“Ready to Code Connecting Youth to CS Opportunity through Libraries”において、図書館員のさらなるプログラミング能力の養成が必要とされたことを受けたもので、大学院課程において、図書館情報学の修士課程の学生に、公共図書館や学校図書館においてプログラミングを教えることできる能力を身に付けさせることを通じて、全米の若者のコンピュータ的思考能力を養成する事を目的としています。

第2フェーズでは、ALA認定の図書館情報学大学院及び学校図書館司書の認定プログラムを提供する大学院の専任教員7名を募集し、2017年の秋学期において、そのような内容に基づいた指導を行なってもらい、その成果をフィードバックし評価することを通じて、全国に普及させるための大学院課程のモデルを構築することを目指しています。

Equipping librarians to code: ALA, Google launch ready to code university pilot program(ALA,2016/1/10)
http://www.ala.org/news/press-releases/2017/01/equipping-librarians-code-ala-google-launch-ready-code-university-pilot

関連:
Connecting Youth to CS Opportunity through Libraries(ALA)
http://www.ala.org/advocacy/sites/ala.org.advocacy/files/content/pp/Ready_To_Code_Report_FINAL.pdf

参考:
米国図書館協会とGoogle社、公共図書館・学校図書館における青少年向けのプログラミングに関する活動の現状調査を開始
Posted 2016年4月14日
http://current.ndl.go.jp/node/31337