CLOCKSS、BoneKEy Reports誌とTijdschrift voor tijdschriftstudies誌のオープンアクセス提供を開始

2017年1月9日、電子ジャーナルのアーカイブプロジェクトCLOCKSSは、国際骨代謝学会(International Bone and Mineral Society)の雑誌”BoneKEy Reports”(発行はSpringer Nature社)と、オランダの逐次刊行物研究に関する雑誌”Tijdschrift voor tijdschriftstudies”の2誌について、オープンアクセスでの公開を開始したことを発表しました。

CLOCKSSはコンテンツの恒久的な保存が主目的であり、通常は利用できないダーク・アーカイブですが、出版社の倒産や電子ジャーナルの提供停止等、「トリガーイベント」と呼ばれる事態が起こった場合、対象コンテンツにクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを付与し、オープンアクセスで公開しています。

今回公開が始まった2誌のうち、”BoneKEy Reports”については2016年後半から国際骨代謝学会の運営が停止し、同誌もオンラインで閲覧できなくなっているため、”Tijdschrift voor tijdschriftstudies”については終刊し、バックナンバーのオンライン公開も停止したため、トリガーイベントが発生したと判断されました。

CLOCKSSがトリガーイベントが発生したと判断し、公開している雑誌はこの2誌を含めて31誌になりました。

The CLOCKSS Archive announces the trigger of two journals for open access(CLOCKSS、2017/1/9付け)
https://clockss.org/clockss/News#2TJ

Triggered content(CLOCKSS)
https://www.clockss.org/clockss/Triggered_Content

参考:
E1117 - CLOCKSSへ日本の大学図書館が参加 カレントアウェアネス-E No.183 2010.11.18
http://current.ndl.go.jp/e1117

CLOCKSSに22の出版者、図書館が参加:日本からは4つの大学が参加
Posted 2016年6月13日
http://current.ndl.go.jp/node/31784
CLOCKSSとCHORUSが提携、公的助成を得た研究成果への長期的なアクセスの保障へ
Posted 2015年3月31日
http://current.ndl.go.jp/node/28255

“Open Library of Humanities(OLH)”、CLOCKSSとの正式の連携を発表
Posted 2017年1月5日
http://current.ndl.go.jp/node/33203