Crossref、ORCID、DataCite、機関IDに関して調査した文書を公開

研究コンテンツのIDや、著者/寄与者のIDが学界の基盤となっている一方で、機関IDや関連するメタデータについてはまだ確立していないという認識のもと、Crossref、ORCID、DataCiteでは、共同で調査を行ってきましたが、2016年10月30日、その結果を公表し、意見を募集しています。

公開されたのは文書は以下の3点で、

・Organization Identifier Project: A Way Forward
・Organization Identifier Provider Landscape
・Technical Considerations for an Organization Identifier Registry

電子メールや、11月8日から10日までアイスランドで開催される識別子に関する会合“PIDapalooza"等を通じて意見が募集されています。

今後、当該テーマに関するワーキンググループを立ち上げ、2016年中に最初の会議を開催することが計画されています。

The Organization Identifier Project: a way forward(Crossref,2016/10/30)
http://blog.crossref.org/2016/10/the-oi-project.html

Organization identifier project: A way forward(ORCID Inc,2016/10/31)
http://orcid.org/blog/2016/10/31/organization-identifier-project-way-forward

Announcing the Organization Identifier Project: a Way Forward(DataCite,2016/11/1)
https://blog.datacite.org/announcing-organization-identifier-project/

Organization Identifier Project: A Way Forward
https://orcid.org/sites/default/files/ckfinder/userfiles/files/20161031%20OrgIDGovernance.pdf

Organization Identifier Provider Landscape
https://orcid.org/sites/default/files/ckfinder/userfiles/files/20161031%20OrgIDProviderSurvey.pdf

Technical Considerations for an Organization Identifier Registry
https://orcid.org/sites/default/files/ckfinder/userfiles/files/20161031%20Functional%20Reqts%20OrgIDs.pdf

参考:
CA1880 - 動向レビュー:ORCIDのコミュニティ展開ー日本での実装に向けてー / 宮入暢子
カレントアウェアネス No.329 2016年9月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1880