学生の学びと成功に関する図書館の貢献に関する研究課題について、米国の大学・研究図書館協会(ACRL)とOCLC Researchが連携

2016年8月16日、米国の大学・研究図書館協会(ACRL)は、ACRLの“Action-Oriented Research Agenda on Library Contributions to Student Learning and Success”という研究課題に関し、OCLC Researchと連携することを発表しています。

2010年9月にACRLが刊行した大学図書館の価値に関する報告書である“Value of Academic Libraries: A Comprehensive Research Review and Report”以降の進展をアップデートすることを目的とした研究課題となり、これに両者は連携して取り組むことになります。

2017年6月ごろに最終文書がとりまとめられる予定です。

ACRL teams with OCLC Research for research agenda(ALA, 2016/8/16)
http://www.ala.org/news/press-releases/2016/08/acrl-teams-oclc-research-research-agenda

ACRL TEAMS WITH OCLC RESEARCH FOR RESEARCH AGENDA(ACRL insider, 2016/8/16)
http://www.acrl.ala.org/acrlinsider/archives/12324

OCLC and ACRL Team Up for Collaborative Project(OCLC Research ,20116/8/19)
http://www.oclc.org/research/news/2016/08-19.html

関連:
Request for Proposals: Action-Oriented Research Agenda on Library Contributions to Student Learning and Success(ACRL)
http://www.acrl.ala.org/value/wp-content/uploads/2016/04/ACRL-RFP-for-action-oriented-research-agenda.pdf

参考:
E1103 - 大学図書館の価値に関する報告書(米国)
カレントアウェアネス-E No.180 2010.10.07
http://current.ndl.go.jp/e1103

E1298 - 大学・研究図書館の価値を評価するために求められる活動とは
カレントアウェアネス-E No.216 2012.06.14
http://current.ndl.go.jp/e1298

E1827 - 学生の「成功」のために大学図書館は学内で連携を(米国)
カレントアウェアネス-E No.308 2016.07.28
http://current.ndl.go.jp/e1827