欧州委員会(EC)、デジタル技術を活用したオープンサイエンスに関する調査報告書“Open Digital Science”の最終版を公開

2016年5月30日、欧州委員会(EC)は、デジタル技術を活用した科学、研究、イノベーションの実践に関する調査報告書“Open Digital Science”の最終版を公開しました。

デジタル技術に基いたこれまでと根本的に異なる科学的実践が起こりつつあること、また、それらがどのように構成され、科学と社会との関係をいかに変えているかどうかといったことを調査することを主眼とした調査であり、オープンサイエンスの影響が最も顕著であるのはオープンアクセスの科学出版物であるとされ、新しい世代の研究者たちはデジタルツールを研究のワークフローの全てのステップにおいて活用しており、シチズンサイエンス、オープンイノベーションなどの概念につながるとされています。

報告書の6章では、26人の専門家へのインタビューなどを通じ、オープンサイエンスの実践に関し、6つの将来のシナリオが示されています。

Open Digital Science
http://ec.europa.eu/newsroom/dae/document.cfm?doc_id=16018

Open Digital Science - Final study report(Digital Single Market, 2016/5/30)
https://ec.europa.eu/digital-single-market/en/news/open-digital-science-final-study-report

EC、オープンデジタルサイエンス最終報告書を公開(調査報告書)(科学技術情報プラットフォーム, 2016/6/3)
http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=8671