米国デジタル公共図書館、全てのウェブサービスをHTTPS化

2016年6月1日、米国デジタル公共図書館(DPLA)は、DPLAのプライバシーポリシーを守るとともに、図書館の知的自由を守ることを目的に図書館やベンダーによって結成された“Library Freedam Project”が制定した“Library Digital Privacy Pledge of 2015-2016”に署名するため、提供するポータルサイト、展示サイト、一次資料セット、APIといった全てのウェブサービスをHTTPS(Hyper Transfer Protocol Secure)化したと発表しています。

“Library Digital Privacy Pledge of 2015-2016”では、図書館でのデジタルプライバシー文化の構築の第一歩として、図書館が提供するウェブサービスのHTTPS化を誓約しています。

Open, Free, and Secure to All: DPLA Launches Full Support for HTTPS(DPLA,2016/6/1)
https://dp.la/info/2016/06/01/dpla-launches-full-support-for-https/

DPLA Privacy Policy(DPLA)
https://dp.la/info/terms/privacy/

Library Freedam Project
https://libraryfreedomproject.org/

Library Digital Privacy Pledge of 2015-2016(Library Freedam Project)
https://libraryfreedomproject.org/ourwork/digitalprivacypledge/

参考:
米国、すべての連邦政府Webサイト・Webサービスに”HTTPS-Only Standard”に従うことを義務化
Posted 2015年6月9日
http://current.ndl.go.jp/node/28640

CA1857 - 米国デジタル公共図書館(DPLA)の過去・現在・未来 / 塩﨑 亮,佐藤健人,安藤大輝
カレントアウェアネス No.325 2015年9月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1857