米・シカゴ公共図書館長、ビジネス誌の「ビジネスの世界でもっとも創造的な100人」に選ばれる

米国のビジネス誌ファストカンパニーが選ぶ“The Most Creative People in Business for 2016”の1人に、シカゴ公共図書館の館長バノン(Brian Bannon)氏が選ばれました。

ポータブルWi-Fiやタブレットの貸出し、オン/オフラインを組み合わせた「学習サークル」の運営、STEM分野の早期教育センターの設置といったような、「学び」や新しい技術への民主的なアクセスにリーダーシップを発揮したことが評価されたようです。

Twitter (@ChicagoPublicLibrary,2016/5/17)
https://twitter.com/chipublib/status/732334065471397889

The Most Creative People in Business for 2016
Brian Bannon Commissioner, Chicago Public Library | Chicago
http://www.fastcompany.com/person/brian-bannon

参考:
シアトル公共図書館(SPL)の無料Wi-Fiホットスポット貸出の現状(記事紹介)
Posted 2015年7月14日
http://current.ndl.go.jp/node/28911

シカゴ公共図書館(CPL)、大手電力・ガス会社のエクセロン社から250万ドルの助成金を得てSTEM分野の“early learning space”を設置
Posted 2015年8月3日
http://current.ndl.go.jp/node/29066

シカゴ公共図書館、オンラインで読書推進活動“One Book, One Chicago”を実施
Posted 2015年2月3日
http://current.ndl.go.jp/node/27909

シカゴ公共図書館のティーン向けラーニングラボ“YOUMedia”
Posted 2011年11月30日
http://current.ndl.go.jp/node/19622

E1580 - ニューヨークとシカゴで公共図書館がインターネットを“貸出”
カレントアウェアネス-E No.262 2014.07.10
http://current.ndl.go.jp/e1580

E1390 - 図書館に“先生”を:シカゴ公共図書館,宿題支援を拡大
カレントアウェアネス-E No.231 2013.02.07
http://current.ndl.go.jp/e1390