神戸大学サテライト巡回展「災害と文化財保存の歴史地理」(5/9-6/30)

2016年5月9日から6月30日まで、神戸大学社会科学系図書館において、神戸大学サテライト巡回展「災害と文化財保存の歴史地理」が開催されます。

神戸大学の地理学教室が主催するもので、“災害と文化財保存” をテーマに、災害と人間関係、災害の履歴、まちづくりと文化財について取り上げ、災害と私たちの生活や文化の側面との関わりを探ったものとのことです。

また、プレ展示として、4月5日から4月26日まで、神戸大学人文科学図書館において「神戸の“まち”とつながる」展を、神戸大学百年記念館において「日本列島の災害史~兵庫を中心に、将来の災害を考える~」展を開催しています。

神戸大学サテライト巡回展「災害と文化財保存の歴史地理」(神戸大学)
http://www.kobe-u.ac.jp/NEWS/event/2016_05_09_02.html

神戸大学サテライト巡回展「災害と文化財保存の歴史地理」およびプレ展示会のお知らせ(神戸大学大学院人文学研究科・文学部,2016/3/3)
http://www.lit.kobe-u.ac.jp/event/2016-03-03-01.html

ポスター
http://www.lit.kobe-u.ac.jp/event/pdf/2016-03-03-01.pdf

ミニ展示「神戸の“まち”とつながる」 パネル展開催(神戸大学人文科学図書館)
http://lib.kobe-u.ac.jp/www/modules/jinbun_c/index.php?content_id=63

「神戸の“まち”とつながる」展示目録
http://lib.kobe-u.ac.jp/www/html/jinbun/chiri2015_pre_mokuroku-2.pdf

参考:
CA1853 - 神戸大学附属図書館「震災文庫」利用の現状と課題 / 井庭朗子, 小村愛美, 花﨑佳代子
カレントアウェアネス No.325 2015年9月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1853