子どもの読書支援と犬(米国)

2016年3月29日付けのSchool Library Journalが、子どもの読書支援に犬を活用している事例として、犬との写真を用いた図書案内(リーランドコミュニティ学区)、セラピー犬(スカーズデール公共図書館)、犬とハンドラーによる音読指導(ヘイバーストロー・キングス・ドーターズ公共図書館)を紹介しています。

Libraries Invite Dogs to Storytime(School Library Journal,2016/3/29)
http://www.slj.com/2016/03/programs/libraries-invite-dogs-to-storytime/

参考:
E1013 - 子どもたちの読書を楽しくするセラピー犬
カレントアウェアネス-E No.165 2010.02.03
http://current.ndl.go.jp/e1013

武庫川女子大学図書館司書課程、ドクタードッグへの絵本の読み聞かせ会を実施
Posted 2016年2月9日
http://current.ndl.go.jp/node/30691