内閣府、「将来の公共サービスのあり方に関する世論調査」を公開

2016年3月22日、内閣府は「将来の公共サービスのあり方に関する世論調査」を公開しました。

20歳以上の日本国籍を有するもの3,000人を調査対象として2016年1月14日から24日まで実施されたもので、

・身近な公共サービスの評価
・公共サービスのあり方
・社会保障分野のあり方
・国や地方の経済・財政

について調査結果の概要とともに、調査票や集計表のデータも公開されています。

図書館については「公共施設関連分野」(図書館や公民館,スポーツ施設,公園等)に含められ、いくつかの調査が行われています。

将来の公共サービスのあり方に関する世論調査(内閣府大臣官房政府広報室)
http://survey.gov-online.go.jp/h27/h27-koukyou/index.html

概略版(PDF形式:324KB)
http://survey.gov-online.go.jp/h27/h27-koukyou/gairyaku.pdf

補足説明資料(内閣府政策統括官(経済社会システム担当)作成)(PDF形式:280KB)
http://survey.gov-online.go.jp/h27/h27-koukyou/gairyakuh.pdf

世論調査(全調査表示)(内閣府大臣官房政府広報室)
http://survey.gov-online.go.jp/index-all.html
※2016/3/22付で「将来の公共サービスのあり方に関する世論調査(平成28年1月調査)」とあります。

参考:
内閣府、「教育・生涯学習に関する世論調査」の結果を公表 
Posted 2016年2月15日
http://current.ndl.go.jp/node/30738

公共サービスの改革に関する特別世論調査(内閣府)
Posted 2006年9月29日
http://current.ndl.go.jp/node/4672

E517 - 図書館界への影響は??「公共サービス改革基本方針」作成に向けた意見募集
カレントアウェアネス-ENo.87 2006.07.19
http://current.ndl.go.jp/e517