カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

日本新聞協会による「2015年全国メディア接触・評価調査」(速報版)

2016年3月15日、日本新聞協会は、「2015年全国メディア接触・評価調査」の結果(速報版)を公開しました。この調査は2001年から隔年で実施されています。

新聞、雑誌、テレビ、インターネット、ラジオなどの各メディアについて、「接触状況」「印象・評価」「新聞を読んでいる人って?」といった項目ごとに結果が示されているほか、「インターネット利用状況」「生活スタイル、消費行動」「選挙」「オリンピック・パラリンピック」などといったテーマについて、メディアの利用状況等の結果が示されています。

2015年11月18日から12月13日まで、日本の15歳以上79歳以下の男女個人を対象として、訪問留置法により行われた調査で、サンプル数は7,000、有効回収数は3,845でした。

なおメディアの接触状況については、新聞は77.7%、雑誌は62.3%、テレビは97.3%、インターネットは70.4%、ラジオは50.0%の人が接触している(読む/視聴する/利用する)という結果が示されています。

全国メディア接触・評価調査(新聞広告データアーカイブ)
http://www.pressnet.or.jp/adarc/data/research/media.html

調査結果(概要)(新聞広告データアーカイブ, 2016/3/15)
http://www.pressnet.or.jp/adarc/data/research/pdf/2015media/gaiyou_web_2015.pdf

NEWS(新聞広告データアーカイブ ※2016/3/15付で「2015年全国メディア・接触評価調査の結果(速報版)をアップしました。」とあります。)
http://www.pressnet.or.jp/adarc/whatsnew/index.html

参考:
日本新聞協会、2007年全国メディア接触・評価調査の報告書
Posted 2008年5月13日
http://current.ndl.go.jp/node/7806

図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査
http://current.ndl.go.jp/FY2014_research