カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

優れた准専門職図書館員を称える、2016年の“Paralibrarian of the Year”が発表される

米Library Journal誌が、優れた准専門職図書館員(=図書館情報学修士号(MLIS)を持たない)を表彰する“Paralibrarian of the Year”賞の2016年の受賞者を発表しています。選ばれたのは、ノースカロライナ大学グリーンズボロ校(University of North Carolina, Greensboro:UNCG)の図書館のBrown Biggers氏です。

記事によると、同氏のコミュニケーションや教育に関するスキル、技術的な専門性の、業務及びグリーンズボロのコミュニティにおける貢献の高さなどが評価されての受賞であったようです。

Biggers氏は、UNCG図書館の情報技術部門に所属しているとのことで、同館への3Dプリンターの導入、設置について、尽力したほか、学生のために様々な技術を提供し、かつノースカロライナ州で、図書館員に対し、3Dプリンターなどの使い方を研究、学習する研修を実施する一員として、政府の補助金も獲得したとのことです。

また、大学にメイカースペースなどの環境を整えることを主眼に、2015年2月20日に開催された会議“AcadeMAKE”では、旗振り役となったとのことです。

その他にも、月1回部局長や図書館の経営陣が意見を交換する会議を開催する“Administrative Advisory Group”の一因として、会議の場における議論を、他の准専門職図書館員に共有するなど、准専門職図書館員と図書館や大学とを結びつける役割も果たしていることや、個人的にも、リテラシーや教育分野へ深く関わっていて、ボランティア活動として、地域の小学校で合気道を教えたり、UNCGの図書館情報学プログラムや、ウェビナー、ワークショップなどで、客員講師を務めることもあるそうです。

Paralibrarian of the Year 2016: Brown Biggers(Library Journal, 2016/3/8)
http://lj.libraryjournal.com/2016/03/awards/paralibrarian-of-the-year-2016-brown-biggers/

Brown Biggers of the University Libraries Named 2016 Paralibrarian of the Year by Library Journal(Friends of the UNCG Libraries, 2016/2/29)
http://uncgfol.blogspot.jp/

関連:
See UNCG Libraries’ new 3-D printer this Friday(UNCG, 2014/2/4)
http://ure.uncg.edu/prod/cweekly/2014/02/04/new3dprinter/

CONFERENCE PLANNING TEAM(Acade MAKE)
https://academake.wordpress.com/conference-planning-team/

THE ACADEMAKE CONFERENCE(Acade MAKE)
https://academake.wordpress.com

参考:
優れた准専門職図書館員を称える、2014年の“Paralibrarian of the Year”が発表される
Posted 2014年3月7日
http://current.ndl.go.jp/node/25655

ノースカロライナ大学の図書館にリサーチ・ハブとメイカースペース設置
Posted 2014年8月29日
http://current.ndl.go.jp/node/26911