カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

三田市立図書館、電子図書館サービスに視覚障がい者対応機能を追加

2016年2月15日付けの兵庫県三田市の広報「伸びゆく三田」で、2016年4月より同市立図書館の電子書図書館サービスに視覚障がい者利用支援システムを追加することが報じられています。市広報によればこのようなシステムの導入は公共図書館としては国内初であるということです。

三田市立図書館では2014年8月から電子図書館サービスが導入されています。新たに導入される視覚障がい者の利用支援システムは、現行の電子図書館サービスにテキスト版サイトを追加することで、音声読み上げソフトを利用して資料の検索ができるようになるとのことです。システムの開発には立命館大学の研究グループや、視覚に障がいを持つ利用者の協力も得たとされています。

公共図書館初 電子図書館に視覚障がい者対応機能を追加(市広報伸びゆく三田)
http://www.city.sanda.lg.jp/kouhou/kouhoushi/documents/20160215_1.pdf

参考:
鳥取県立図書館など鳥取県下9箇所で「聴覚障がい者向け音声文字変換システム」が導入される
Posted 2015年9月28日
http://current.ndl.go.jp/node/29517

視覚障害者にも使いやすい電子図書館構築のガイドライン
Posted 2005年10月3日
http://current.ndl.go.jp/node/2978