カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

【イベント】公開シンポジウム「電子書籍の出版・流通と図書館の課題--読書アクセシビリティを中心に」(東京・3/2)

2016年3月2日、ステーションコンファレンス東京においてIRIS(Integrated Research of Accessible Ebooks: Interfaces & Services)主催の公開シンポジウム「電子書籍の出版・流通と図書館の課題--読書アクセシビリティを中心に」が開催されます。

印刷物の利用が困難な人々の読書アクセシビリティ向上に資する技術・サービス・制度等について、電子書籍の出版・流通および電子図書館の現状と課題を中心に、産官学で議論するとのことです。

登壇者は以下の方々です。

石川准氏(静岡県立大学教授、内閣府障害者政策委員会委員長)
植村八潮氏(専修大学教授)
今川拓郎氏(総務省情報流通行政局情報流通振興課課長)
松原聡氏(東洋大学副学長、電流協アクセシビリティ研究委員会委員長)
松原洋子氏(立命館大学教授、R-GIRO研究プログラム「電子書籍普及に伴う読書アクセシビリティの総合的研究」代表)
盛田宏久氏(大日本印刷株式会社 hontoビジネス本部 教育事業開発ユニット企画開発第2部)
湯浅俊彦氏(立命館大学教授)

入場無料で、定員100名、申込は先着順とのことです。
視覚障害や聴覚障害がある方への情報保障については、テキストデータ・点字の提供、手話通訳(またはPC要約筆記)の用意があるとのことです。

公開シンポジウム「電子書籍の出版・流通と図書館の課題--読書アクセシビリティを中心に」(IRIS)
http://www.r-iris.jp/event/r017.html

IRIS
http://www.r-iris.jp/

公開シンポジウム「電子書籍の出版・流通と図書館の課題--読書アクセシビリティを中心に」(Facebook特設ページ)
https://www.facebook.com/events/726155337521079/

※開催日を訂正しました(2016/2/9)