カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

アジア財団、当地の言語と英語の電子書籍を生徒たちに届ける“Let's Read!”プロジェクトをモンゴルでも実施

2016年2月1日、アジア財団は、同財団の“Book for Asia”プログラムと発展途上国において子どもたちのための電子図書館を創設しているNPOである“Library For All”、モンゴル教育文化省との連携によって、“Let's Read! Mongolia”プロジェクトを開始することを発表しました。

“Let's Read Mongolia”では、モンゴル語と英語の電子書籍が学校に配信され、試行プロジェクトとして、6つの中等学校で、約2,500名の生徒が対象となり、児童文学の電子書籍200点が配信され、今後追加される予定となっています。

“Book for Asia”は、1954年から20カ国ほどのアジアの国々の教育機関などに、本を寄贈してきたもので、現在、英語とそれぞれの地域の言語の本やデジタルコンテンツを寄贈しています。“Let's Read”は2015年11月に創始された“Let's Read Cambodia”から拡大したもので、クラウドファンディングサイトである“Indiegogo”によってプロジェクトが推進されたようです。

The Let’s Read! Asia Digital Library Expands to Mongolia(The Asia Foundation, 2016/2/1)
http://asiafoundation.org/news/2016/02/the-lets-read-asia-digital-library-expands-to-mongolia/

Book for Asia(The Asia Foundation)
http://asiafoundation.org/program/overview/books-for-asia

Let's Read! Asia - A Digital Library(Indiegogo)
https://www.indiegogo.com/projects/let-s-read-asia-a-digital-library#/