カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

国立国会図書館国際子ども図書館、「調べものの部屋」「児童書ギャラリー」を開室

2016年2月2日、国立国会図書館国際子ども図書館は、レンガ棟2階に「調べものの部屋」「児童書ギャラリー」を開室しました。

「調べものの部屋」は、全国各地の学校図書館をモデルに、中高生の調べものに役立つ資料約1万冊を開架した部屋です。「調べものの部屋」は誰でも利用できます。

4月からは調べもの体験プログラム(事前予約制)も提供します。調べもの体験プログラムは、「調べものの部屋」の資料や端末を利用して、短時間で“図書館における調べもの”を体験できる、中高生向けのプログラムです。修学旅行や校外学習といった機会に利用できるよう、中学生向けに3コース、高校生向けに3コース、全6種類のバラエティに富んだプログラムを用意しています。

一方、「児童ギャラリー」は、明治から現代までの日本の子どもの本の歩みをたどる常設の展示室です。平成23年2月19日から平成27年10月31日まで国際子ども図書館で開催した展示会「日本の子どもの文学―国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み」で紹介した児童文学史を再構成し、絵本史も充実させました。展示する約1,000冊の資料は、直接手に取って読むことができます。また、児童書ギャラリー内の専用端末から、国立国会図書館デジタルコレクションのほか、「絵本ギャラリー」やホームページで提供中の「電子展示会」も閲覧できます。

調べものの部屋が開室しました(国際子ども図書館,2016/2/2)
http://www.kodomo.go.jp/news/2016-02.html

児童書ギャラリーが開室しました(国際子ども図書館,2016/2/2)
http://www.kodomo.go.jp/news/2016-01.html

調べものの部屋(国際子ども図書館)
http://www.kodomo.go.jp/use/room/teens/index.html

児童書ギャラリー(国際子ども図書館)
http://www.kodomo.go.jp/use/room/gallery/index.html

参考:
E1731 - 児童書研究資料室の開室~国際子ども図書館リニューアル~
カレントアウェアネス-E No.292 2015.11.12
http://current.ndl.go.jp/e1731