カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

【イベント】NPO法人共同保存図書館・多摩、カーリルとの共同研究中間報告会「ここまで進んだバーチャル共同保存図書館」を開催(3/21・東京)

2016年3月21日、多摩地域の図書館の所蔵情報を仮想空間で共有し、除籍と保存の判断を効率的に行う仕組みである「バーチャル共同保存図書館」の可能性を、株式会社カーリルと検討してきたNPO法人共同保存図書館・多摩が、その中間報告会「ここまで進んだバーチャル共同保存図書館」を、国分寺労政会館で開催するとのことです。

これまでの経過や多摩地域の共同保存の動き、カーリルで開発した新検索システムの紹介とその体験ができるとのことです。

(株)カーリルと共同研究 中間発表会ここまで進んだバーチャル共同保存図書館 (NPO法人共同保存図書館・多摩,2016/2/1)
http://www.tamadepo.org/#%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%AB

チラシ
http://www.tamadepo.org/kouza/ka-riru2016.pdf

参考:
E1673 - 共同保存図書館実現に向けた多摩デポとカーリルの共同研究
カレントアウェアネス-E No.281 2015.05.21
http://current.ndl.go.jp/e1673

カーリルとNPO法人共同保存図書館・多摩が共同研究の協定を締結
Posted 2014年10月31日
http://current.ndl.go.jp/node/27349