カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

研究図書館センター(CRL)、デジタル化資料が700万ページを超える

2016年1月21日、北米の研究図書館センター(Center for Research Libraries: CRL)がデジタル化を行なったページが700万ページを超えたと発表しています。

マイルストーンとなったのは、1892年から1915年に出版されたベネズエラの文芸誌“El Cojo Ilustrado”とのことです。

デジタル化は年平均100万ページのペースで進んでいるとのことです。

CRL Reaches Milestone of Seven Million Digitized Pages(CRL,2016/1/21)
http://www.crl.edu/news/crl-reaches-milestone-seven-million-digitized-pages

参考:
研究図書館センター(CRL)、デジタル化資料が600万ページを超える
Posted 2015年8月25日
http://current.ndl.go.jp/node/29247

CRL、デジタル化資料が500万ページに到達
Posted 2013年10月8日
http://current.ndl.go.jp/node/24543