カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

イタリアの読書に関する統計が発表される

2016年1月13日、イタリアの国立統計研究所が、イタリアの読書に関する統計を発表したとのことです。

・6歳以上の国民の42パーセントは、学校や仕事以外の目的で、少なくとも1冊以上の本を読んでいる
・9.1%の世帯は書籍を所持しておらず、64.4%の世帯は多くて100冊は保有している
・女性のほうが書籍に親和性があり、48.6%の女性は読書を行なうと推定される一方、男性は35%である
・11歳から19歳までが読者層の50%以上を占めている(最も読書するのは15歳から17歳)
・学校は不十分で、家族が重要な要因となっており、両親が読書をする6歳から14歳の若者の66.8%は読書を行ない、両親が読書をしない若者は30.9%しか読書をしない

などと分析されています。

Book reading in Italy(Istituto nazionale di statistica,2016/1/13)
http://www.istat.it/en/archive/178341