カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

Webアノテーションを普及促進する団体Hypothes.isによって組織されたアノテーションに関する連合体が発足

2015年12月1日、Webアノテーションを普及促進する団体Hypothes.isによって組織された非公式のアノテーションに関する連合体“Annotating All Knowledge”が発足したと発表されています。

国際電子出版フォーラム(IDPF)、MIT Press、Wiley社など、40以上の学術出版社、プラットフォーム・図書館・技術パートナーなどから構成されるようです。

この連合体のパートナーは、アノテーションが学術出版に利益をもたらす方法や、彼らのプラットフォーム、出版、ワークフロー、コミュニティへのWebアノテーションのためのオープンな連携という目標を共有しているとのことです、

A Coalition of over 40 Scholarly Publishers(Hypothes.is,2015/12/1)
https://hypothes.is/blog/a-coalition-of-over-40-scholarly-publishers/

New Scholarly Coalition Embraces W3C Web Annotations(W3C,2015/12/1)
https://www.w3.org/blog/2015/12/annotation-coalition-launched/

Annotating All Knowledge(Hypothes.is)
https://hypothes.is/annotating-all-knowledge/

Hypothes.is
https://hypothes.is/

参考:
E1613 - Open Annotation,Web標準へ W3C Annotation WG始動
カレントアウェアネス-E No.268 2014.10.09
http://current.ndl.go.jp/e1613

インターネット上の情報をクラウドソーシングでピアレビューする試み“hypothes.is”
Posted 2011年10月26日
http://current.ndl.go.jp/node/19386