学術論文中での主題リポジトリに対する引用(文献紹介)

“Aslib Journal of Information Management”誌の67巻6号に掲載予定の論文”The role of arXiv, RePEc, SSRN and PMC in formal scholarly communication”のオンライン版が公開されています。著者はヨーク大学図書館のXuemei Li氏らです。本文は有料ですが、Li氏によるセルフアーカイブ版も公開されています。

この論文は学術論文中での主題リポジトリ掲載論文の引用状況を明らかにすることを目的に、Elsevier社のScopusを用いて、arXiv、RePEc、SSRN、PMCの4つの主題リポジトリ掲載論文に対する引用数等を調査したものです。分析の結果、引用元論文1,000件あたりの各主題リポジトリ掲載論文に対する引用は一貫して増加しており、特に近年大きな伸びを見せていました。最もよく引用されているのはarXivですが、2010年以降はPMCに対する引用が急増しています。また、どの主題リポジトリも対象とする主題内での引用が最も多いのは共通ですが、他分野からの引用も一定数見られたとのことです。

Xuemei Li Mike Thelwall Kayvan Kousha , (2015),"The role of arXiv, RePEc, SSRN and PMC in formal scholarly communication", Aslib Journal of Information Management, Vol. 67 Iss 6. doi: 10.1108/AJIM-03-2015-0049
http://www.emeraldinsight.com/doi/pdfplus/10.1108/AJIM-03-2015-0049

上記論文のセルフアーカイブ版
http://www.yorku.ca/lixuemei/The_role_of_subject_repositories_AslibPreprint.docx