英国図書館(BL)、同国の演劇やオペラの貴重な資料から構成されるドイリーカート劇団のアーカイブを取得

英国図書館(BL)は、ドイリーカート歌劇団(D'Oyly Carte Opera Company)から、同国の演劇やオペラの貴重な資料から構成される、ドイリーカート劇団(D’Oyly Carte Theatre Company)のアーカイブを取得したと発表しています。

同劇団は、ドイリーカート(D’Oyly Carte)によって創立され、作曲家ギルバートとサリバンのオペラを1875年から107年間上演しており、1982年に解散したものの、1988年に再建されたカンパニーとのことです。

同アーカイブの取得には、ドイリーカート公益信託とBL友の会の支援があり、それにはアーカイブのカタロギングと保存のための支援金も含まれており、同アーカイブは、2017年春には利用できるだろうとのことです。

同アーカイブは、ビクトリア朝後期からの英国社会・文化についてユニークな視点をもたらすと考えられ、プログラム、新聞の切り抜き、楽団のパート(譜面)、台本、脚本コピー、文書、ドイリーカートの家族写真、契約書、舞台マネージャーの報告書、衣装や小道具のスケッチ、シガレットカード、出演者・作品・行事の写真、ポスター、ディスクやオープンリールテープに保存された音声、カセットや光ディスクに収められた音声・動画が含まれるとのことです。

Acquisition of the D’Oyly Carte archive (BL,2015/10/22)
http://www.bl.uk/press-releases/2015/october/acquisition-of-the-d-oyly-carte-archive

The archive has a new home(D'Oyly Carte Opera Company,2015/2/12)
http://www.doylycarte.org.uk/blog/the-archive-has-a-new-home

D'Oyly Carte Opera Company
http://www.doylycarte.org.uk/