【イベント】公開講座 「ワークショップ 図書館を「ゆめ」いっぱいに!」(11/27・東京)

2015年11月27日、日比谷図書文化館において、株式会社ヴィアックスが、第6回 ヴィアックス特別公開講座「ワークショップ 図書館を「ゆめ」いっぱいに!」を開催します。

子どもたちへの呼びかけや、高齢者との対話などの人々の「ゆめ」を実現する図書館のつくり方を議論するもの、とのことです。

筑波大学名誉教授で同社顧問の永田治樹氏をコーディネーターとし、中野区立中央図書館館長・加藤慎一氏、江戸川区立小松川図書館館長・中島善久氏、浜松市立はまゆう図書館館長・廣瀬幸子氏、千代田区立四番町図書館館長・宮崎亜古氏による事例発表が行われます。

定員は200名で、参加費は無料です。

第6回 ヴィアックス特別公開講座 『ワークショップ 図書館を「ゆめ」いっぱいに!』のお知らせ (株式会社ヴィアックス、2015/10/14付け)
http://www.viax-tosyokan.jp/lib/topics/20151014/

参考:
E1608 - 図書館のインパクト評価のための方法と手順 ISO 16439:2014
カレントアウェアネス-E No.267 2014.09.25
http://current.ndl.go.jp/e1608