カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

国際図書館連盟(IFLA)、「児童図書館サービスの指針」の新版を準備

2015年9月23日、国際図書館連盟(IFLA)の児童・ヤングアダルト図書館分科会が、標準委員会(Committee on Standards)から、2003年に公開された「児童図書館サービスの指針」の改版を承認されたと発表しています。

デジタル時代の高品質の児童向け図書館サービスのための新版を企画しているとのことで、ワーキンググループには、英国のリーズベケット大学のランキン(Dr Carolynn Rankin)氏を議長に、児童常任委員会のメンバーだけでなく、国際児童図書評議会(IBBY)の代表やその他専門家が加わっているとのことです。

新ガイドラインは国際的な図書館コミュニティに情報・リテラシー・読書についての児童の要求について指導することで。子どものための効果的な図書館サービスの開発を促進するものとのことです。

Preparing a new edition of Guidelines for Children's Library Services(IFLA,2015/9/23)
http://www.ifla.org/node/9893

Guidelines for Children's Library Services(2003年版)
http://www.ifla.org/publications/guidelines-for-children-s-library-services
http://www.ifla.org/files/assets/libraries-for-children-and-ya/publications/guidelines-for-childrens-libraries-services-jp.pdf
※2003年版の日本語版