カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

鳥取県立図書館など鳥取県下9箇所で「聴覚障がい者向け音声文字変換システム」が導入される

2015年9月16日、鳥取県下の駅やバスターミナル、県庁、図書館などで、「聴覚障がい者向け音声文字変換システム」が導入されました。

従来同県が提供してきた遠隔手話通訳サービスに加えての提供とのことで、「聴覚障がい者向け音声文字変換システム」は、人の声を文字に変換し、タブレット型端末の画面に表示するものとのことで、手話や要約筆記を補完する新しいコミュニケーションツールであり、ろう者だけでなく、手話を使わない難聴者・中途失聴者も便利に利用できる、とのことです。

聴覚障がい者向け音声文字変換システム導入お披露目式を行います!(鳥取県, 2015/9/14)
http://db.pref.tottori.jp/pressrelease.nsf/webview/BC1A136C425C792349257EC0000620D6?OpenDocument

遠隔手話通訳サービス、電話リレーサービスモデル事業(鳥取県)
http://www.pref.tottori.lg.jp/239848.htm

参考:
鳥取県立図書館、遠隔手話通訳サービスを開始
Posted 2015年1月22日
http://current.ndl.go.jp/node/27846