文学作品中の登場人物の旅程をマッピングし、地点ごとに作品中の描写を引用して表示させる“Atlas Obscura's Guide to Literary Road Trips”が登場(米国)

2015年7月20日、“Atlas Obscura”は米国内を旅行・冒険する内容の文学作品の旅程を、地点ごとにマッピングし、つなげて表示した“Atlas Obscura's Guide to Literary Road Trips”について発表しました。このマップではマッピングされた地点をクリックすると、作品中の該当する箇所の描写が表示されます。

“Atlas Obscura”は、普通のガイドブックには載っていない、これまで見過ごされてきた場所などを発見する共同プロジェクトで、2009年に米国のジャーナリスト・ジョシュア・フォア(Joshua Foer)氏とDylan Thuras氏が創設したものです。

“Atlas Obscura's Guide to Literary Road Trips”で表示される作品は以下の12作品です。

●‘Wild: From Lost to Found on the Pacific Crest Trail’『わたしに会うまでの1600キロ』
シェリル・ストレイド(Cheryl Strayed)著。映画「わたしに会うまでの1600キロ」の原作。

●‘The Cruise of the Rolling Junk’ 
F・スコット・フィッツジェラルド(Francis Scott Key Fitzgerald)著

●‘Rolling Nowhere: Riding the Rails With America's Hoboes’『ホーボー列車に乗って―アメリカ横断浮浪旅』
テッド・コノヴァー(Ted Conover)著

●‘A Walk Across America’
Peter Jenkins著

●‘Cross Country: Fifteen Years and 90,000 Miles on the Roads and Interstates of America with Lewis and Clark’
ロバート・サリヴァン(Robert Sullivan)著

●‘The Lost Continent’
ビル・ブライソン(Bill Bryson)著

●‘Blue Highways: A Journey into America’『ブルー・ハイウェイ―内なるアメリカへの旅』
ウィリアム・リースト・ヒート=ムーン(William Least Heat Moon)著

●‘On the Road’『路上』
ジャック・ケルアック(Jack Kerouac)著。映画「オン・ザ・ロード」の原作。

●‘Roughing It’『西部放浪記』
マーク・トウェイン(Mark Twain)著

●‘Zen and the Art of Motorcycle Maintenance’『禅とオートバイ修理技術』
ロバート・M. パーシグ(Robert Pirsig)著

●‘Travels with Charley’『チャーリーとの旅』
ジョン・スタインベック(John Steinbeck)著

●‘The Electric Kool-Aid Acid Test’『クール・クール LSD交感テスト』
トム・ウルフ(Tom Wolfe)著

THE OBSESSIVELY DETAILED MAP OF AMERICAN LITERATURE'S MOST EPIC ROAD TRIPS(Atlas Obscura, 2015/7/20)
http://www.atlasobscura.com/articles/the-obsessively-detailed-map-of-american-literatures-most-epic-road-trips

This 'obsessively detailed' map of road-trips in American literature is like a vacation you can take at work(The Verge, 2015/7/22)
http://www.theverge.com/2015/7/22/9013673/road-trip-map-books-lolita-cheryl-strayed-twain-kerouac

Facebook(Atlas Obscura)
https://www.facebook.com/atlasobscura/info

Atlas Obscura
http://www.atlasobscura.com/

参考:
英リーズ大図書館、リーズを舞台にした文学作品マップを作成中
Posted 2013年5月20日
http://current.ndl.go.jp/node/23527

京都の図書館司書が作成「京都が出てくる本のデータ」公開
Posted 2014年2月26日
http://current.ndl.go.jp/node/25565