ピッツバーグ大学の図書館から、誕生日の定番ソング“Happy Birthday To You”の著作権をめぐる訴訟の決定的証拠が発見か?(記事紹介)

2015年7月28日付の、ピッツバーグ大学法学部のウェブサイト上の記事で、同学の図書館が所蔵する貴重資料の中から、米国で係争中の、誕生日の定番ソング“Happy Birthday To You”の著作権をめぐる訴訟に関する決定的な証拠が見つかったと伝えられています。

この訴訟は、米国において、2013年にドキュメンタリー映画製作者のJennifer Nelson氏らが、ワーナーミュージックグループのワーナー・チャペル音楽出版社に対し、同社が保有するとする、“Happy Birthday to You”の著作権は無効であると提訴したもので、“Happy Birthday to You”は、1893年にヒル姉妹が作曲した楽曲“Good Morning to All”をもとに作られたものであるとされ、ワーナー・チャペル音楽出版社は、“Happy Birthday to You”の著作権登録を1935年に行なっています。

今回、ピッツバーグ大学のロー・ライブラリアンが発見したのは、著作権表示が全くない、“Happy Birthday To You”と同じ歌詞が記された“Good Morning and Birthday Song”というタイトルの楽曲の譜面を含んだ本‘The Everyday Song Book’の第4版で、1922年に刊行されたものです。このことから、“Happy Birthday To You”の楽曲はパブリックドメインとなるとして、係争中の裁判に提出されるようです。

ピッツバーグ大学のウェブサイト上では、該当する譜面の画像も掲載されています。

Pitt Law Librarians Help Uncover Smoking Gun Evidence in Historic “Happy Birthday” Song Lawsuit(PittLaw, 2015/7/28)
http://law.pitt.edu/news/news-item/pitt-law-librarians-help-uncover-smoking-gun-evidence-historic-happy-birthday-song

Law Librarians May Have Killed World’s Biggest Copyright Troll(Above the Law, 2015/7/30)
http://abovethelaw.com/2015/07/law-librarians-may-have-killed-worlds-biggest-copyright-troll/

New Birthday Song To Make You Even More Depressed To Get Older(Above the Law, 2013/2/19)
http://abovethelaw.com/2013/02/new-birthday-song-to-make-you-even-more-depressed-to-get-older/

"Happy Birthday" Lawsuit: "Smoking Gun" Emerges in Bid to Free World's Most Popular Song(Hollywood Reporter, 2015/7/27)
http://www.hollywoodreporter.com/thr-esq/happy-birthday-lawsuit-smoking-gun-811144

米映画製作会社、「ハッピーバースデー・トゥー・ユー」の著作権無効化もとめ提訴(知財情報局, 2013/6/16)
http://news.braina.com/2013/0616/judge_20130616_001____.html