カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

OCLC Research、デジタル化・ネットワーク化する学術記録の管理方法についてのレポートを公開

2015年6月29日、OCLC Researchは、デジタル化・ネットワーク化する学術記録の管理方法についてのレポート“Stewardship of the Evolving Scholarly Record: From the Invisible Hand to Conscious Coordination”を公開しています。

それに含まれる資料の量と多様性が同時に広がりながら学術記録はデジタル化、ネットワーク化されており、学術記録の長期的な将来は、冊子体資料に基づく伝統的な管理方法では十分に守ることができないため、このレポートでは、デジタル化されネットワーク化された学術記録の特徴に適合した将来の管理方法に主に焦点をあてて述べるとともに、これらの方法を実装するためのいくつかの実用的な結果を議論しているとのことです。

News&Events
http://www.oclc.org/research/news-events.html
※Recent News欄に“Stewardship of the Evolving Scholarly Record: From the Invisible Hand to Conscious Coordination 29 June 2015”とあります。

Stewardship of the Evolving Scholarly Record: From the Invisible Hand to Conscious Coordination(OCLC)
http://www.oclc.org/research/publications/2015/oclcresearch-esr-stewardship-2015.html

Download the report(US Letter .pdf)
http://www.oclc.org/content/dam/research/publications/2015/oclcresearch-esr-stewardship-2015.pdf

Download the report(A4 .pdf)
http://www.oclc.org/content/dam/research/publications/2015/oclcresearch-esr-stewardship-2015-a4.pdf