カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

米国国立公文書館(NARA)、永久保存記録の法的移管の適切な時期についての公示を発表

2015年6月17日、米国国立公文書館(NARA)は、永久保存記録の法的移管の適切な時期についての公示を行いました。

この公示は、政府機関に対して、媒体や形式に関わらず、永久保存記録がNARAでの法的保存に移管されるべき適切な時期を決定するための日程の案内を規定しているとのことです。

一般的には、機密扱いされていない記録は15年より前に、機密扱いされている記録は25年より前にNARAへの法的移管の予定をしてはいけないとのことで、この公示には日程確定の手助けとなるチェックリストがあり、政府機関とNARAの職員が、記録が15年より前に移管するのが法的に適切かどうかを確定するツールとなるとのことです。

Release of NARA Bulletin 2015-01(Official blog of the Office of the Chief Records Officer at the National Archives,2015/6/17)
http://blogs.archives.gov/records-express/2015/06/17/release-of-nara-bulletin-2015-01/

NARA Bulletin 2015-01 Scheduling Guidance on the Appropriate Age for Legal Transfer of Permanent Records to the National Archives of the United States(NARA,2015/6/17付け)
http://www.archives.gov/records-mgmt/bulletins/2015/2015-01.html

Checklist for Proposing the Early Legal Transfer of Permanent Records(NARA)
http://www.archives.gov/records-mgmt/scheduling/early-legal-transfer-checklist.doc