【イベント】国文学研究資料館「日本語の歴史的典籍データベースが切り拓く研究の未来」を開催(7/25・東京)

2015年7月25日、日本学術会議講堂において、公開シンポジウム「日本語の歴史的典籍データベースが切り拓く研究の未来」が開催されるとのことです。

日本学術会議の提唱で、国文学研究資料館が実施主体となって開始した「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」のシンポジウムで、文系、理系諸分野で活躍する研究者が、日本語の歴史的典籍を対象に具体的な研究事例を報告し、異分野にまたがる新しい研究のかたちを追及するとのことです。

自由聴講で入場は無料とのことです。

7月25日に公開シンポジウム「日本語の歴史的典籍データベースが切り拓く研究の未来」を開催します。(2015/5/21)
http://www.nijl.ac.jp/
※お知らせ・更新情報欄参照

公開シンポジウム 日本語の歴史的典籍データベースが切り拓く研究の未来
http://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/images/20150725_gakujutsu_sympo.pdf
※チラシ

参考:
E1558 - 2014年CEAL年次大会・NCC公開会議<報告>
カレントアウェアネス-E No.258 2014.04.24
http://current.ndl.go.jp/e1558