カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

2015年雑誌価格調査の結果(米国)

2015年4月23日付けのLibrary Journal誌オンライン版記事で、2015年版の雑誌価格調査の結果” Whole Lotta Shakin’ Goin’ On | Periodicals Price Survey 2015”が公開されています。

同記事では図書館の財政状況、ビッグ・ディール、オープンアクセス、Swets社の破たん等のこの1年のトピックについて解説した後、雑誌価格調査の結果のまとめ(表)を掲載しています。2014年から2015年にかけて、調査対象誌1誌あたりの雑誌価格は6%上昇しており、これは2013年から2014年の上昇率と同率とのことです。

Whole Lotta Shakin’ Goin’ On | Periodicals Price Survey 2015(Library Journal、2015/4/23付け)
http://lj.libraryjournal.com/2015/04/publishing/whole-lotta-shakin-goin-on-periodicals-price-survey-2015/

参考:
2013年は特に劇的な変化はなし 2014年雑誌価格調査の結果(米国)
Posted 2014年4月15日
http://current.ndl.go.jp/node/25938

価格の差は雑誌の評価の差よりも大きい? 2013年雑誌価格調査の結果(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/23419

2011年雑誌価格調査の結果(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/18043

Library Journal誌、2009年2月時点の学術雑誌価格調査の結果を発表
http://current.ndl.go.jp/node/12621

E889 - 研究評価を意識した新しい学術雑誌評価指標の模索 カレントアウェアネス-E No.144 2009.02.18
http://current.ndl.go.jp/e889